治験コーディネーターへの転職│取っておきたい資格とは?

治験コーディネーター → 治験コーディネーターに役立つ資格はあるか?

治験コーディネーターに役立つ資格はあるか?

治験コーディネーター(CRC)になるには、専門的な資格が必要なのではないかと思われがちです。実は、CRCは資格がなければ就けない職業ではないのです。もちろん医療系の専門資格や知識、実務経験があれば有利なのですが、資格がない=応募資格がないことにはなりません。
CRC(治験コーディネーター)のアルバイト勤務

とはいっても、CRCになるために役立つ資格、持っていると有利になる資格は存在します。例えば就職するときなら、看護師や臨床検査技師、薬剤師の資格や経験が役に立ちます。

そんな高度な資格を持っているなら、何も治験コーディネーターに転職する必要もないでしょうと思うかもしれません。しかし、CRCには他の医療系仕事にはない活躍分野、メリットがあるのです。

もしも医療系の資格がない場合、持っていると有利な資格はあるのでしょうか。答えは在りで、それはCRC関連の団体が主催している認定資格になります。認定資格とは、専門的な知識をどの程度持っているかを認めてもらう資格です。関連団体にスキルを認定してもらえるのですから、これ以上の強みはありません。

CRC関連の専門団体は国内にいくつかあり、それぞれ異なる認定試験を主催しています。この試験に合格しておけば、医療系の仕事の経験がなくともCRCの人材募集に応募しやすいでしょう。

すでにCRCの仕事に就いている人にとっても、認定資格を持っていると大きな味方となってくれます。自分の実力を証明してくれるわかりやすい物差しなので、転職時や職場内での昇進を目指すのに便利なはずです。

治験の関連団体では、CRCに関する各種研修も定期的に行っています。初心者や未経験者にCRCの何たるかを教える目的で行われるセミナーもありますが、キャリアを積んだベテランにも更なる高みを目指して治験業界を支える人材を増やすのが目的です。それが新薬発売の成功にもつながり、やがては医療への貢献ともなるのです。

無事CRCになれたからといって、スキルアップに努める姿勢を持っていないと、満足のいく仕事ができません。常に精進して、優れた治験コーディネーターを目指しましょう。

正看護師になったほうがいいのか

最近は、准看護師を養成する学校が減ってきているそうです。求人募集でも、「正看護師資格を取得したもの」と掲載されることが多くなっています。その理由としては、正看護師は国家資格、准看護師は都道府県での資格取得といったもので、専門性の高い職種のため、准看護師の仕事内容を変えていく方向にあるからです。

つまり、これまで看護助手がやってきたことを准看護師の仕事にする方向に動いているのです。准看護師として転職を考えている場合、「転職前に正看護師資格を取得したほうがいいのか」と考えることも少なくないでしょう。

動きとしては上に書いたとおりですが、どの医療施設も人手不足で、それを完全に実施しているところは少ないと言って良いかもしれません。現在も正看護師、准看護師の区別なく同じ仕事をしているかもしれません。しかし、取得した資格の違いによって年収の差が出ているのは事実です。

更には、同じ仕事をしているのに、「このラインから准看護師は立ち入れない」といったことがあるのも事実です。癪に障ることだってあるでしょう。でもそれはしかたのないことです。

准看護師のまま転職を考えるのなら、個人病院やクリニックではまだまだニーズがあります。緊急時には大きな病院へ搬送するのが一般的ですし、個人病院などにはそれに対応できる医療機器や検査室、オペ室はありません。

現在は大きな病院と提携している個人病院が多くなり、症状が安定している方、緊急を要する治療が必要でない場合は、個人病院などで受診することになっています。急患や急変を第一に考えるからです。准看護師でも転職は可能です。ニーズはあるのですから。

しかし、正看護師になることでのメリットは大きいと言えますし、40歳を過ぎてそれを目指す方もいらっしゃいます。子育てが一段落し、看護師としての更なるスキルアップを目指し、現場では屈辱感を感じずにバリバリと働きたいという理由が大きいようです。